サムライチャンプルー甘 電チューパターン 止め打ち 捻り打ち手順

スポンサードリンク

確率が1/77と非常に軽いのに電サポが70回も付くので電サポの玉増え次第で大分期待値が変わってきます。
なので右の調整のチェックは絶対に怠らないようにしよう。


アタッカーがこぼれると大当りの出玉と電チューの到達と両方に影響がでるので、アタッカーがこぼしやすい台は極力避けよう。

【電チューパターン】
(左点灯)
ミドル・ショート・ショート・ショート・(若干インターバル)・ショート

(右点灯)
ショート・ショート・ショート・(若干インターバル)・ショート・ショート・ショート

【打ち方】
(左点灯)
最後の解放が閉じる前にワンツー
開く瞬間にワンツー
1回目が閉じたらワンツー
2回目が閉じたらワンツー
3回目が開く瞬間にワンツー

(右点灯)
最後の解放が閉じる前にワンツー
開く瞬間にワンツー
1回目が閉じたらワンツー
3回目が開く瞬間にワンツー
3回目が閉じたらワンツー
4回目が閉じたらワンツー

1開放目がショートかミドルになるので2開放目だけどうしても合わなくなる。
なので上記のタイミングで打つと1回目がミドルの時は2回目が開いた時にワンツーの2個目が入り、1回目がショートの時は2回目が閉じる前にワンツーの1個目が入る。
2回目のワンツーをやる前にセグが確認出来ないのでこればかりは仕方がないでしょう。

スポンサードリンク

メルマガ


*メールアドレス
*名前

コメントを残す